『高円寺専門』 中古マンション・戸建 新築マンション・戸建情報サイト

powered by ㈱ナゴミホーム 高円寺店
高円寺の売買物件を探すなら、『高円寺de売買』で!
豊富な売買情報の中からあなたにピッタリの高円寺物件が見つかります♪
高円寺de売買トップへ マンションを買う 戸建を買う 物件リクエスト 店舗のご案内 お問い合わせ

高円寺de売買 HOME >>Q&A

東京の住みたい街ランキング上位常連の街 “高円寺”
『高円寺de売買』では、高円寺の新築・中古、マンション・戸建の
最新の物件情報を合わせてご紹介しております。

高円寺の売買物件のことなら、『高円寺de売買』にお任せ下さい!!
また、リクエストフォームより、ご希望のマイホームのあれこれをお聞かせ
頂ければ幸いです!どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

資金について

自己資金がないのですが、不動産を購入できますか?

不動産を購入する際、自己資金で足りない部分はローンを組みます。
ローンには大きく分けて住宅ローンと諸費用ローンがあり、中には自己資金が全くない方でも、
それらの両方を借り入れできる方がいます。ただし、借り入れができるかどうかは物件の担保力や金融機関の審査によって違います。

購入時の諸費用にはどのようなものがありますか?

購入時の諸費用には、税金(印紙税、固定資産税・都市計画税の精算金、不動産取得税、登録免許税)、 金融機関に対する費用(ローンの保証料、事務手数料)、販売会社に対する費用(仲介手数料、ローン事務代行手数料)、司法書士への報酬、火災保険料などがあります。一般的に新築物件で3%~6%程度、中古物件で6%~10%程度が目安ですので、予め準備が必要です。
ほかにも引越代や新居で必要な家具・調度品も見込んでおいたほうがよいでしょう。

手付金はどのくらいかかりますか?

手付金は通常、売買価格の一割を支払う事が多いですが、売主が了承すれば、一割未満でも契約は可能です。
ですが、手付金を放棄することで契約を解除することができるので、簡単に契約解除ができないようにするため、売主様、買主様の双方にとって、小額の手付金は望ましくないでしょう。

住宅ローンについて

勤続年数が短い場合、住宅ローンは組めますか?

原則として、勤続年数3年以上という条件の金融機関が多いのですが、勤続年数が1年でも審査は可能な場合はあります。
その際、金融機関から確認を求められる代表的な書類は、給与証明書や職歴書などがあります。

車のローンやカードローンがありますが、住宅ローンは組めますか?

住宅ローン借入希望条件と、現在の「車のローンやカードローンなど」の借入残高や
返済年数、毎月返済額を総合的に判断して審査を行います。
カードローンや車のローンなどがある場合、そのローンの借入残高や返済年数、毎月返済額を総合的に判断して、
住宅ローンの月々の支払いが可能かどうかの審査が行なわれます。車のローンやカードローンなどが多い場合には、住宅ローンの借入額に影響が出る場合があります。

夫婦の収入合算で住宅ローンは組めますか?

ご夫婦でそれぞれの手持ちの資金を出すケースでは、共有名義にする必要があります。逆に言えば、それぞれが資金を出したにもかかわらず、名義が一方の場合は、贈与税の対象となりますので、注意が必要です。
なお、共有名義の場合の持分はそれぞれ出資した割合に応じます。
住宅ローンには「収入合算」制度があり、ご夫婦以外にも同居するご家族などの収入を合わせた年収をベースに住宅ローンの審査をおこなうことは可能です。

中古住宅購入について

リフォーム費用はだれが負担するのでしょうか?

中古住宅の売買は多くが現況引渡しとなっているため、リフォームする場合の費用は買主様のご負担になります。

エアコンや照明器具はついているのでしょうか?

基本的には売主様が取り外しますので、何もついていないものとお考えください。
ただし、売主様が好意で置いていかれる場合もありますので、その場合は、契約時に「付帯設備表」という書類を作成し、何を置いていくかを明示します。

その他

物件を探し始めてから、どれ位の期間で見つかりますか?

一概には言えませんが、3~6ヵ月かけて探される方が多いです。
中古住宅や売土地の場合、新規に売り出されるタイミングが分からないため、条件の良い物件はすぐに買い手が決まる場合が多いです。
そのため、たくさんの物件をご覧になったうえで購入希望条件を絞っておき、購入のタイミングを逃さないようにしましょう。

価格の交渉はできますか?

価格も含めた契約条件は売主様と買主様との間で調整を行います。
価格以外の条件としては、引渡しの時期、引渡しの状態などがありますので、条件を調整する中で、価格交渉ができる場合もあります。

購入に関するよくある質問

「契約書」はわかるのですが「重要事項説明書」とはなんですか?

「重要事項説明」とは宅建業法で定められたもので、契約する前に土地建物等に関する権利、用途地域、道路の接道状況、設備等の重要な部分の説明を宅地建物主任者から説明されるものです。一般的には契約書を交わす直前に説明を受けますが、時間に余裕があれば先に重要事項説明書のコピーをもらって前もって読んでおくといいと思います。

契約書関係の印鑑は実印が必要ですか?

売買契約締結時には実印は特に必要はありませんが、その後の住宅ローンと登記関係は実印となります。
売買契約時に使用するしないは別として、契約時に実印を持参しておいたほうがいいと思います。

「購入申し込み」等する場合に申込金等のお金は必要なのですか?

仲介(販売)する会社によって違います。一切いただかない会社もありますし、2万~10万位で設定している場合もございます。

「購入申込書」に記入しても契約前にキャンセルはできるのですか?

基本的にはできます。しかし、売主も不動産会社も「購入申込書」を受けて、契約前の準備として書類や銀行等の事前折衝等を行っております。また売主は他業者からの「○○の物件はまだありますか?」という物件確認のお問い合わせに「契約予定です」などの対応をとったり契約に向けての段取りをしていたりしますので、キャンセルになりますと道義的に迷惑をかけることになりますので、よく検討してから「購入申込」をしていただければと思います。

契約場所はどこで行うのですか?

宅建業法上の問題や書類等のコピー等がありますので一般的には売主である工務店か不動産会社の事務所で行いますが、やむを得ない事情がある場合は稀にお客様宅で行うこともあります。

どうして同じ物件がいろんな不動産会社の広告にでたりしているの?

売主としても広く物件情報を知ってもらいたいので「こんな不動産が今売却にでているので、お客さんがいましたら宜しくお願いいたします。」と不動産会社に情報を発信しています。その情報を得た不動産会社は、一般のお客様向けに各不動産ポータルサイトに物件を登録し広告をしますので、売主は1人でも、扱う不動産会社が複数あるので、同じ物件が複数の不動産会社から広告されることになります。

購入契約してから引渡しまで期間はどの位かかるの?

建物が完成または完成するのが前提ですと、住宅ローンを利用する場合は契約締結してから銀行等の金融機関に住宅ローンの本申し込みをし、承認がでるまで約10日(金融機関や案件によって違いがあります)かかります。その後の手続きも含めて一般的に約3週間位で引渡しができます。ただし中古住宅等で売主の売却理由が売れてから物件を探すとか、建築するとなると長期間(約3~6ヶ月)かかる場合があります。

今賃貸なんですけど、住宅を購入するとどんな支出が発生するの?

一般的な住宅で毎年、固定資産税、都市計画税等で8万~12万かかります。(築浅住宅の場合は軽減処置あり)浄化槽の場合は清掃等の維持費で年間15000円~20000円弱、町会費、NHK料金、マンションの場合は管理費、修繕積立金、駐車場代等があります。(一般的に築年数が経過すると修繕積立金の値段が上がります。)

マンションと戸建てどっちにしようか迷っています。どちらがいいですか?

一概には言えませんが、それぞれのライフスタイルによって違うと思います。
マンションのメリットとしては、戸建に比べて安い、固定資産税・都市計画税が安い、5階・10階などの眺望が得られる、ゴミを365日24時間出せる、共用部分が定期的に掃除されている、などがあります。戸建のメリットはやはり、独立性、担保価値が高い、管理費、修繕積立金、駐車場代がかからないなどです。

契約して住宅ローンがでなかった場合の手付金はどうなるのですか?

契約書に「住宅ローン特約」といって住宅ローンがでなかった場合には手付金が戻ってくるという項目が入っていれば全額戻ってきます。一般的には契約書に記入してあると思いますが、義務ではないので契約締結前に不動産会社に確認してください。ただし期日がいつまでと日付指定があるので注意してください。

引き渡しされてからの建物の保証はどうなっているのですか?

業者が売主の新築分譲住宅の場合ですと法律上、建物を引き渡してから10年間は、主要構造部分(基礎・柱・壁・屋根等)の保証が義務になっています。また消耗品部分は1年とか2年の保証をとっている会社が多いみたいです。ただし売主業者が倒産等した場合はその段階で保証ができなくなりますので、最近では万一に備えて第三者機関である「住宅保証機構」「JIO」等で保証するシステムを導入している会社も増えてきましたので検討してみてください。補足ですが、中古住宅等で売主が一般の個人の場合は通常2~3ヶ月しか瑕疵担保責任がありません。また築年数が15年以上経過している場合は「売主の瑕疵担保責任免責」という特約が入ることが多いですので引渡し後の保証はありませんので注意してください。

賃貸と持ち家どちらが得なのでしょうか?

この件は評論家の方がいろいろ言っていますが結局結論はでないのが現状です。
金額だけの問題で言えば最終的には自分のものとなりますから、資産運用等をしないで、なおかつ景気経済情勢を考慮しなければ持ち家の方が得だとは思います。持ち家は購入することによってほとんどの場合、家賃として支払っている額でより大きな持ち家に住むことができます。ただし住宅ローンを組む場合は債務として返済する責任が生じます。最低限の維持管理も自分でしなくてはいけません。結局は購入することによって得られる満足感ではないでしょうか?

不動産の銀行借り入れに関するよくある質問

住宅ローンの申込銀行は会社によって指定されるのですか?

基本的に新築マンションや大規模一戸建て等でなければ指定されることはありませんが、不動産会社によって銀行と提携していたりして店頭金利より安く借りられる場合等もありますので検討をしてみてはいかがでしょうか?

銀行の事前審査ってなんですか?

事前審査とは、本来ならば不動産売買契約を締結してから銀行に本申し込みをするのですが、その前に購入予定の不動産で実際に金融機関に住宅ローンの本申し込みをした場合に住宅ローンがどのくらい借入できそうか、または借入金利は何%(優遇適用金利)で融資してくれるか等、本申し込みの前に事前に審査する制度です。

住宅ローンを借りる場合に「保証人」は必要なの?

一般的に「保証人」は必要ありません。金融機関で借入をする場合は各金融機関には保証会社がありますので、保証料を支払うことによって保証人は必要なくなります。ただし借入者の既存の借入内容、勤務先、勤続年数等の個人的な属性、物件担保評価等で金融機関から保証人を要求されることはあります。

住宅ローンの繰上げ返済はできるのですか?

もちろんできます。金融機関によって一部繰上げ返済の事務手数料が違いますので確認してみてください。繰り上げ返済をする場合に例として100万とした場合、支払額はそのままで「住宅ローンの期間を短縮するか」「期間はそのままで毎月の支払いを安くするか」を選択することになりますが金利を考慮すれば「期間短縮」したほうがトータルでは支払額が安くなると思います。

変動金利と固定金利はどちらで借りた方がいいのでしょうか?

日銀の「ゼロ金利解除」で金利が多少上がりましたが、まだまだ低金利ですので返済額がゆるすのであれば超長期(20年、30年)の固定金利を選択した方が安心感はあると思います。また短期間の固定期間を選ぶのであれば繰上げ返済の予定も考慮して選んだ方がいいと思います。固定期間満了前に一部繰上げ返済をする場合ほとんどの金融機関は変動金利で借りている場合の手数料よりかなり割高になっていますので、固定で借りている人はその固定期間が終了すると一度変動金利に戻りますので、そのときに返済した方が手数料が安くすむと思います

買い替えで売却しても住宅ローンが残りそうなんですけど?

購入物件の担保評価と本人の属性(会社・年収・年齢)によりますが、買い手が決まって売却しても残る残債が確定すれば購入物件と残債分もまとめて借りることができる場合があります。また買い手が決まらないと残債が確定しないのでなかなかタイミングがむずかしい場合がありますので、お急ぎの場合は当社で下取りもいたしますのでご相談ください。金融機関によって諸条件が異なりますので個別に当社にお問い合わせください。

銀行の住宅ローンの申し込みは窓口へ行かないといけないのですか?

申込用紙等の署名は本人直筆で記入していただきますが、申し込み等は当社が銀行の担当者に渡しますので来店いただかなくても大丈夫です。

住宅ローンの申し込みに必要なものはなんですか?

金融機関によって多少書類や枚数等の相違はありますが、会社員の場合は一般的に源泉徴収表・住民票・印鑑証明・課税証明(住民税納税証明)免許証のコピー・健康保険証のコピーが必要になります。借入がある場合は追加で返済予定表のコピー、個人事業主等申告している人は確定申告書3期分、法人の場合は決算書3期分、納税証明その1・その2・その3または給料振込みの通帳のコピー1年分等が追加で必要になります。詳しくは当社までお問い合わせください。

住宅ローンの件で銀行に行くことはありますか?

申し込みは代理でできますが、融資承認がでましたら今度はお金を「貸します・借ります」の銀行との金銭消費貸借契約を締結していただきます。そのときはご本人でないとできませんので、金融機関の営業時間内で来店していただくことになります。また、引渡し等の決済(残代金の支払い・所有権の移転・鍵の受け渡し)は銀行で行いますのでできれば本人が望ましいですが、事前に通知しておけば奥さんでもかまいません。(金融機関によってもことなります)

■  売買リクエスト
希望条件を登録!おまかせお部屋探し↓

「高円寺でマイホーム!」を応援する
『売買物件リクエスト』
簡単なフォームからご希望の
マイホームの条件をご登録いただくだけで、お部屋探しのプロがあなたに代わってマッチする売買物件をお探しし、メール等で随時ご紹介させて頂きます。

売買リクエストフォームへGO
■ LINKS
リンク↓
 ↓ナゴミホームのブログです!
ナゴミブログ!是非ご一読を

 ↓アスベスト・耐震診断について
アスベスト耐震診断
■ INFORMATION
インフォメーション↓
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
お電話でのお問い合わせ 03-3338-4450 営業時間10:00~19:00
Mailでのお問い合わせ
運営会社
株式会社ナゴミホーム 高円寺店
株式会社ナゴミホーム 高円寺店
東京都杉並区高円寺北3-24-11
TEL:03-3338-4450
FAX:03-3338-4451
ナゴミSTAFF紹介

ご挨拶

この度は『高円寺de売買』をご利用いただき、誠にありがとうございます。
高円寺は東京都杉並区の北東に位置し、新宿へJR中央線で10分弱、渋谷や池袋へも20分以内で行ける
とても交通の便の良い場所でありながら、本当に住みやすい街です。
高円寺駅を中心にたくさんの商店街が広がり、毎日のお買い物や生活必需品の入手はバッチリ!
いろんな食べ物屋さんや古着屋さん、ライブハウスなどもあり、街のいたるところが活気づいています。
若者からの人気はもちろん、ファミリー層も便利に暮らせる街。
私たちはそんな高円寺が大好きです♪
『高円寺de売買』は、高円寺地元密着の不動産会社(株式会社ナゴミホーム)が運営しています。
これから高円寺へのお引っ越しをお考えの方、既に高円寺にお住まいでマイホームをご検討中の方、
高円寺の売買物件をお探しなら、『高円寺de売買』をぜひご活用下さい!

HOMEサイトマッププライバシー店舗案内会社概要お問い合わせリンク集Q&A||ページTOPへ▲
株式会社ナゴミホーム 高円寺店 / TEL.03-3338-4450 FAX.03-3338-4451 Copyright(C) 高円寺de売買 All Rights Reserved.